JR外房線 安房天津―安房鴨川で209系6両編成が脱線、線路には車輪の傷跡か

©株式会社エキスプレス

JR外房線 安房天津~安房鴨川の間できょう5月8日16時前、209系6両編成の上り電車が脱線。

朝日新聞 映像報道部のTwitterには脱線した209系6両編成の最後部から進行方向へむけてとらえた画像がアップされている。

最初の画像↑↑↑は、脱線した編成と同様の209系6両編成で、勝浦駅に留置中。事故車両とは別の編成。

報道各社の情報から、脱線した列車は、安房鴨川 15:51発 千葉行き普通列車280M 。脱線した電車は幕張車両センター C612 編成か。

千葉方の先頭車両が、進行方向左向きに脱線している。先頭車両は左側のスカートが大きく曲がっているのがみえる。

朝日新聞 映像報道部のTwitter画像をみると、手前の踏切付近に作業員や調査員が集まり、この踏切から線路の左側に、車輪の削った白い痕跡のようなものもみえる。

報道各社の画像・映像から、現場はGoogleマップでこのあたり↓↓↓と推定できる。
https://www.google.com/maps/@35.1202817,140.1180178,161a,35y,55.48h,58.03t/data=!3m1!1e3

同日21時現在、外房線は、安房小湊~安房鴨川で上下線 終日運転見合わせ。同区間でバスによる代行輸送を行っている。