お知らせ(健康1)

©株式会社VOTE FOR

■依存症に悩んでいたらまずは相談を
5月14日~20日はギャンブル等依存症問題啓発週間。ギャンブル等をやめたくてもやめられないなら依存症かもしれません。保健医療課ではギャンブルをはじめ、薬物やアルコールなどの依存症に悩む人の相談を受け付けています。依存症は回復が可能な病気です。本人や家族だけで抱え込まず、まずは同課にご相談を。平日に相談できない場合は、第2・4土曜に相談を受け付けている大阪府こころの健康総合センター相談窓口へお問い合わせを。
▽大阪府こころの健康総合センター相談窓口
【電話】06-6691-2818
予約制

問合せ:保健医療課
【電話】072-807-7623
【FAX】072-845-0685

■献血にご協力を 5月分
対象:16歳~69歳(65歳以上は60歳~64歳に経験のある人のみ)。本人確認のため運転免許証などの提示が必要。
日時・場所:
(1)5月18日(月)京阪樟葉駅前
(2)5月25日(月)おおさかパルコープ長尾店駐車場
(3)6月1日(月)京阪樟葉駅前
時間:
(1)(2)午前10時~午後4時
(3)午前10時~午後4時30分

問合せ:市献血推進協議会(社会福祉協議会内)
【電話】072-807-3448
【FAX】072-845-1897

■カンピロバクター食中毒に注意
府内で昨年発生した食中毒61件のうち約半分はカンピロバクターが原因でした。カンピロバクターは鶏や牛の腸内に存在する菌で、下痢や腹痛、発熱、まれに手足のまひや呼吸困難などを起こすこともあります。
予防のポイントは
(1)生肉の保管は肉汁が他の食品につかないよう、ふた付容器に入れるか、ラップで覆う
(2)調理器具は生肉用と野菜用などで使い分ける
(3)手指や調理器具はよく洗い消毒する
(4)肉を加熱する時はトングや専用の箸などを使い、肉の中心部まで十分に火を通す
(5)刺身やタタキなどの加熱不十分な肉を食べない。

問合せ:保健衛生課
【電話】072-807-7624
【FAX】072-845-0685

■健康メモ
◎枚方糖尿病プロジェクト
高齢化に伴い、糖尿病と糖尿病予備軍が増加傾向にあり、重症合併症の発生を減少させることは社会的な課題となっています。行政・医療機関・患者が協力することで「本気で」合併症の減少に取り組むのが「本気でやりましょHIRAKATA糖尿病プロジェクト」です。人間ドック・特定健診・血液検査等で高血糖を指摘された人を早期に受診に結び付けるほか、血糖コントロール不良群の人を糖尿病専門医・腎臓病専門医への受診を促すなど、合併症の減少を目指します。(枚方市医師会)

問合せ:健康福祉総務課
【電話】072-841-1319
【FAX】072-841-2470

■ダメ絶対!大麻・けしの栽培
5月・6月は不正大麻・けし撲滅運動月間。植えてはいけない大麻やけしを栽培しないように注意を。

問合せ:保健医療課
【電話】072-807-7623
【FAX】072-845-0685

■世界禁煙デー5月31日。禁煙があなたを救う。新型コロナはタバコで重症化