“今、大倉忠義を突き動かすもの” 飾らないピュアなマインドに迫る!

©株式会社東京ニュース通信社

話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」。本日5月9日に発売された最新号「vol.93」は、関ジャニ∞の大倉忠義が表紙を飾った。

今号は、注目の映画 「窮鼠はチーズの夢を見る」(近日公開)に主演する大倉が、本誌表紙に初登場。水城せとな氏の人気コミックを、日本を代表する映画監督・行定勲氏が実写化した今作で、大倉は大学の後輩・今ヶ瀬渉(成田凌)から7年ぶりの再会で告白され、彼の真っすぐな思いに少しずつ心を開いていく主人公・大伴恭一を演じる。セクシャリティーを越え、人を好きになることの喜びや痛みを、どこまでも純粋に描いた狂おしくも切ないラブストーリーで、繊細な役どころに挑む意気込みを聞いた。

ほか、1990年代恋愛ドラマの金字塔が現代版としてよみがえった話題のドラマ「東京ラブストーリー」(FODほか)で、主人公・永尾完治役を演じる伊藤健太郎、舞台「アルキメデスの大戦」で主演を務める鈴木拡樹、6月にミニアルバム「Addicted BOX」をリリースする加藤和樹、熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇「Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー~日米爆笑保障条約~」で喜劇に挑む紅ゆずる、舞台「僕らの深夜高速2020」「あやかし緋扇」ほかに出演する宇宙Sixなど、話題の人物の魅力に迫る。

好評の声優特集は、6月に1stアルバム「WE GO!」をリリースする下野紘、テレビアニメ「啄木鳥探偵處」のオープニング主題歌に起用された3rdシングル「本日モ誠ニ晴天也」発売の古川慎、テレビアニメ「ぽっこりーず」(BS日テレほか)でハム役を務める葉山翔太が、巻末特集には、坂口安吾原作をドラマ化した、明治に入り乱れる人間の愛憎に迫る新型サスペンス、BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」(NHK BSプレミアム)主演の福士蒼汰が登場する。