安倍首相、検察庁法の意義強調

枝野氏、火事場泥棒と批判

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で立憲民主党の枝野代表(左下)の質問に答える安倍首相=11日午前

 安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、検事長らの定年延長を可能にする検察庁法改正案について「恣意的な人事が行われるといった懸念は全く当たらない」と改めて強調した。立憲民主党の枝野幸男代表は、改正案に対するツイッター上の抗議が記録的な数に達したとして「感染症による危機状況を悪用した火事場泥棒だ」と批判した。

 首相は「高齢期の職員の豊富な知識、経験などを最大限活用するという国家公務員法改正案の趣旨や目的と同じだ」と意義を述べた。「法案審議のスケジュールは国会で決めていただくことだ」とも語った。

 枝野氏のほか、国民民主党の後藤祐一氏への答弁。