伊達政宗公に斬られる!?  宮城名物「ずんだ餅」を名古屋めし化!

【日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画】

©TVA

連載開始のごあいさつ

皆さんこんにちは、こんばんわ。作家兼名古屋めし料理家のSwind(スインド)と申します。

このたびご縁を頂きまして、連載をスタートすることになりました。名古屋めしのおいしさと楽しさをどんどん発信して参りたいと思います。よろしくお願いいたします。 

編集長(企画タイトルを見ながら)Swindさーん。本当にこれで連載するんですか?

 あ、はい。本気と書いてマジです。

 名古屋めし料理家として活動する私には一つの夢があります。

それは、日本全国、いえ、世界中の家庭の食卓にもっともっと「名古屋めし」を広めること。美味しくて、楽しい名古屋めしを世界中の人にもっと知ってもらい、そして作って欲しいと願っています。

 そのために、名古屋めしが各地の料理に近づいて行けば良いのです。足し算で構成され、アレンジを効かせやすい名古屋めしなら、それが出来るはず!

 この連載では「名古屋めし化計画」と題して、あらゆる料理の名古屋めし化にチャレンジ。

そして、ゆくゆくは日本全国、いや世界中の食卓を名古屋めしで征服して……。

 編集長 Swindさん、Swindさん、本音が漏れてます。

 おっと失礼しました。少々熱くなってしまったようです。

 それでは前置きはこの辺りで。早速第一回の本編のスタートです!

 ずんだ餅を名古屋めし化

初回は北海道・東北エリアから。宮城名物「ずんだ餅」を名古屋めし化します。

ずんだ餅とは、枝豆をつぶして作った餡を柔らかな餅にまぶした和菓子の一種を指し、宮城・仙台を中心に親しまれています。もともとは夏の風物詩とされ、お盆やお彼岸のころに良く食べられていたそうです。

発祥には諸説ある「ずんだ餅」。(提供元:MuddyFox/写真AC)

最近では牛タン、笹かまぼこに並ぶ仙台三大名物の一つと呼ばれているとか。

 発祥には諸説ありますが、その中には「伊達政宗公が作った」とか、「献上されたずんだ餅を伊達政宗公がたいそう気に入ったところから広まった」というものもあるとか。

 仙台では様々にアレンジされており「ずんだスイーツ」なるものもあるそうです。

ずんだソフトにずんだパフェ、ずんだシェイクにずんだティラミス、ずんだあんみつなるものも。どれも聞くだけで美味しそうです

 そして名古屋めし料理家としてずんだスイーツの話を知ったとき、瞬間で思いました。

「これは絶対、トーストにしたらおいしいにちがいない」と。

 編集長 あー、名古屋の小倉トーストのずんだバージョンという事ですか?

 その通りです。ソフト、パフェ、シェイクとなっているなら乳製品との相性は保証されているようなもの。つまり、バターを使った小倉トーストのずんだ版、「ずんだトースト」も間違いなく美味しいのです。

料理編:間違いなく美味しい「ずんだトースト」!

 ということで、早速ずんだ餅を名古屋めし化「ずんだトースト」を作っていきましょう。

まずはずんだ餡作りから。今回はさやを剥いているタイプの冷凍枝豆を使いました。 

少し面倒ですが、薄皮も全部きれいに取りましょう。

 そして、そこに砂糖を入れ、すり鉢の中で混ぜ合わせるようにしながら潰していきます。バターに塩気があるので、ずんだトースト用のずんだには塩を入れなくても大丈夫です。

 もちろん、フードプロセッサーでもOK。また、すり鉢がない場合には、ジッパー袋などの丈夫な袋に入れて叩き潰しても良いそうです。 

 もし水分が多いかな?と感じる場合には、レンジ対応の器に移し、ラップをせずに1分ほど加熱すれば水分が飛びます。

そしてずんだ餅ならもちを用意しますが、ずんだトーストなのでパンを用意します。 

 パンは山型食パンがいいですね。一般的な角食パンよりも気泡が大きく、トーストしたときの口当たりがさっくりと仕上がります。

 この山型食パンを、2枚重ねてトースターに入れます。 

こうすることで、外側はカリッと香ばしく仕上がり、火が当たっていない内側はふうわりと柔らかく仕上がります。

 きつね色に焼き上がったら、その内側にバターをぬり、ずんだを挟みます。 

あとは食べやすい形にカットすれば完成です。 

 編集長 おー!これは目にも涼やかな……。

 きれいな緑色が出ました。というか、普通にこういうメニューありそうかも?

編集長 それは名古屋人だからそう思うだけです。 

アッ、ハイ。さて、それでは早速実食と参りましょう。

 んーっ、旨いっ!! 

枝豆で作ったずんだは小豆の餡よりも爽やかで、さっぱりとしています。バターとの相性もバッチリですね。

 さくっとしたトーストとずんだの取り合わせは「なぜそうしなかったのか」と思うほど。爽やかな甘さで、モーニングにもピッタリの一品となりました。

 編集長  いやー、本当においしそうです。 ところで一つ気になるんですが……。

 あ、編集長さん。なんでしょう?

 編集長  これ、宮城の人に怒られませんかね……。勝手にずんだ餅を名古屋めし化するなとか。お詫びしたほうがいいのかも…。

 た、たぶん大丈夫でしょう。うん、まだ仙台に行っても石はぶつけられないかなと……。

もし怒られたら、編集長さん、ご対応よろしくお願いします。

 

編集長 え、ええーっ……

宮城の方も名古屋の方も、もちろんそれ以外の地域の方もぜひぜひ作ってみてください。

作ったレポート&感想はTwitterにて募集!。ぜひ、ハッシュタグ「 #名古屋めし化計画 」をつけて投稿お願いします!

■ずんだトースト

・おいしさ:★★★★

・お手軽さ:★★★☆

 ・名古屋っぽさ:★★★☆

 ・伊達政宗公に切られる度:★★★★★★★★★★

 

<材料>(2人分)

・むき枝豆(冷凍) 160グラム程度

・砂糖 40~50グラム程度

・山型食パン(6枚切り) 4枚

 

<作り方>

1.枝豆を解凍し、薄皮を全て剥く(もちろん生の枝豆を茹でてもOK)

2.すりばちに薄皮を剥いた枝豆、砂糖を入れ、粗めに潰す。

3.水分が多いようなら、2.のずんだを電子レンジで1分程度加熱し、水分を飛ばす

4.山型食パンを2枚重ねてトースターにいれ、こんがりと焼く。

5.トーストの内側(焼かれていない方)にバターを塗り、ずんだを挟む。

6.食べやすい大きさにカットして完成。

【筆者プロフィール】

Swind(スインド)

作家兼名古屋めし専門料理研究家。名古屋と名古屋めしを題材とした小説、漫画原作、コラム、レシピ等の執筆活動を行っている。これまでに考案した名古屋めしのレシピは100本以上。最近ではyoutubeにも活動の幅を広げている。

★2020年7月17日には新刊書き下ろし小説「屋上屋台しのぶ亭 ~ 秘密という名のスパイスを添えて~」を刊行。

Twitter: https://twitter.com/swind_prv/

YouTube: https://www.youtube.com/c/swind758/