競技引退後支援、教育機関が開校

必要技能習得で新たな道へ

©一般社団法人共同通信社

 競技引退後のアスリートのセカンドキャリアを支援する教育機関「日本営業大学」がこのほど開校した。元選手の新たな道のサポートは近年盛んになっているが、企業とつなぐ「マッチング」だけでなく、即戦力で働ける社会人として必要な技能の習得に取り組むことが大きな特徴だ。

 今月6日にオンライン上で行われた開校式で、中田仁之学長が「チャンスは自分でつかみにいかなければならない。アスリートの新たな未来のためのコミュニティーとして開校する」と力を込めた。第1期にはプロ野球やテニスの元選手ら8人が参加した。