小西康陽のソロ・プロジェクト、PIZZICATO ONEが2019年10月のワンマンライブを収録した初の実況録音盤を発売

©有限会社ルーフトップ

小西康陽のソロ・プロジェクト、PIZZICATO ONEの初のライブ・アルバムの発売が決定した。

90年代の音楽ムーヴメント「渋谷系」の中心的グループとして、日本はもとより海外のファッション・映画・音楽関係者から絶大な支持を得てワールドワイドに活動し、2001月に解散したピチカート・ファイヴ。そのリーダーであり、解散後は音楽プロデューサー/DJとして活躍する小西康陽のソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」。

ピチカート・ファイヴ解散から10年目の2011年に発表した第1弾アルバム『11のとても悲しい歌』は、世界各国のボーカリストをフィーチャーした洋楽曲のカバー集で、日本のみならず海外20カ国でもリリース。

続く2015年発表のセカンド・アルバム『わたくしの二十世紀』では、ピチカート・ファイヴ時代からのオリジナル曲に新アレンジを施し、個性豊かな11人のボーカリストを迎えてセルフ・カバー。一夜限りの発売記念ライブも話題となった。

そして、『わたくしの二十世紀』(2015年6月24日発売)からちょうど5年ぶりとなる、6月24日(水)にニュー・アルバム『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』をリリースすることが発表された。

これは、2019年10月のビルボードライブ東京&大阪におけるワンマンライブの模様を収録した初のライブ・アルバム。ステージでは小西康陽はボーカルに専念し、「この編成でやるのはきっと最初で最後」と語ったベスト・メンバーを集めたコンボがバックアップしている。

いまだに高い評価を集めるピチカート・ファイヴ時代のレパートリーを中心に、1988年から2018年までの30年の間に発表したナンバーを作家自身の歌声で聴かせる、小西の長いキャリアにおいても初めての試みとなるシンガー・ソングライター色の濃い作品になっている。おなじみのナンバーが、作家ならではの解釈によりどのように生まれ変わっているのか、期待したい。CDのご予約はこちらから。