コロナが変える? ドイツ人の働き方

ホームオフィスに法制化の動きも

©ドイツニュースダイジェスト

コロナ危機での在宅勤務増加に対し、ハイル連邦労働相(社会民主党・SPD)は、ホームオフィスの権利を法制化することを提唱。自由民主党(FDP)と緑の党からは賛成の声が上がっている。4月27日付のヴェルト紙が伝えた。

ホームオフィスの法制度は、オランダではすでに5年前に導入。緑の党のゲーリング=エッカート共同代表は「これまでホームオフィスは限られた人の特権だったが、法制化で自宅に高速インターネットを設置する権利などが必要になる」と述べている。コロナ禍で在宅勤務をする就業者は、全体の25%とみられている。