フィギュア4回転の基礎点を変更

ルッツとループ、スケート連盟

©一般社団法人共同通信社

2019年12月のGPファイナルで4回転ルッツ跳ぶ羽生結弦=トリノ(共同)

 国際スケート連盟は11日、2020~21年シーズンで適用するフィギュアの規定を発表し、4回転ジャンプのルッツとループの基礎点を11.00点に変更した。ルッツは11.50点から下がった一方、ループは10.50点から上がり、ともにフリップと同じ基礎点となった。

 3回転ジャンプについてはルッツが5.90点から5.30点に下がり、フリップと同じ基礎点に設定された。(共同)