JR東、役員報酬を自主返上

コロナで事業に打撃

©一般社団法人共同通信社

記者会見するJR東日本の深沢祐二社長=12日午後、東京都内

 JR東日本の深沢祐二社長は12日の定例記者会見で、5~7月の3カ月間、グループ会社の社長を含めた計100人が役員報酬の10%を自主返上すると明らかにした。新型コロナウイルス対策による移動自粛などで経営環境が悪化し、事業に大きな影響が出ていることを踏まえた。

 自主返上の対象はJR東の執行役員を含む55人と、グループ会社の社長ら45人。深沢氏はコロナによる4月の鉄道関連の減収額が約1千億円に上る見込みだと説明した。