ブレーク前のファーストサマーウイカの映像も!「家、ついて行ってイイですか?」番組史上最長SP

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で5月13日に放送される「家、ついて行ってイイですか?」(午後6:25)は番組史上最長となる4時間半スペシャルを放送。新型コロナウイルス感染拡大を街頭取材ができない中、リモート撮影を駆使し、日本、アメリカ、中国から11の人生ドラマに密着する。

同番組は、終電を逃した人に「家、ついて行っていいですか?」と密着し、自宅を訪問することでその人生を垣間見ていくバラエティー番組。MCはビビる大木、おぎやはぎ・矢作兼。ゲストに片岡愛之助を迎える。

番組初の企画「家、2週間見せてもらってイイですか?」では、アメリカからドイツに留学し、新型コロナウイルスにより帰省を余儀なくされた大学生や、中国・武漢で76日間もの都市封鎖によって家から出られなかった美女の今を追う。

また、今回ゲストMCを担当するファーストサマーウイカが、4年前に番組で密着されていたことを受け、アイドルだった当時の貴重映像もオンエア。

さらに、「今、何しているのか気になる…衝撃の家ベスト3」ではかつて取材を行った、6億円の船に住む山口県の親子や、おもちゃに2000万円つぎ込んだ神奈川の元幹部自衛官、-30℃にもなる北海道であえて暖房なしの家で暮らす脱サラ男性といった気になる人々が、現在どのような暮らしを送っているかを届ける。