エアアジア、非接触型キオスクの導入など安全対策を強化

©Traicy Japan Inc,

エアアジアは、非接触型キオスクや非接触型支払いなどに対応する。

非接触型キオスクは、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、日本のすべての空港で利用でき、オンラインチェックイン後に必要な搭乗券や手荷物タグを印刷できる。アプリの機能も強化し、アプリからパスポートをスキャンすることで、セルフチェックインが可能となる。今後はビザのスキャン機能なども追加する。

マレーシアのクアラルンプール国際空港では、AliPayやWeChat PayによるQRコード決済を導入しており、BigPayやTouch N Goでの支払いにも近日中に対応する。旅客照合システムにも対応し、マレーシア国内で順次対応空港を拡大する。搭乗手続きを関連にデジタル化でき、搭乗口では搭乗券の半券を集める必要がなくなる。

エアアジアグループのジャベド・マリク最高執行責任者(COO)は、「地上では、社会的距離マーカーの設置やオールスター(係員)の個人用保護具の着用など、既存の厳格な安全対策に加えて、より安全で安全、効率的な非接触型の手続きを導入し、地域全体のお客様に非接触型の体験をお届けできることを嬉しく思っています。お客様とオールスターの安全は最優先事項であり、これらの追加機能の強化は、空の旅の新しい通常の環境で安全な空の旅を維持するための当社の継続的な取り組みを示すものです。」とコメントした。