<あのころ>千代の富士引退

小さな大横綱

©一般社団法人共同通信社

1991(平成3)年5月14日、横綱千代の富士が「気力・体力の限界」から引退を表明。35歳11カ月だった。優勝は大鵬に次ぐ史上2位の31回。53連勝など「小さな大横綱」は速攻と上手投げを武器に一時代を築いた。国民栄誉賞を受賞し九重部屋を継承した。