インディカー:延期となったセント・ピーターズバーグ戦を10月25日に最終戦として開催

©株式会社サンズ

 NTTインディカー・シリーズは、5月13日に延期となっていたセント・ピーターズバーグでのレースを10月25日の最終戦として開催することを明らかにした。この決定によって2020年シーズンは、6月6日のテキサス戦を皮切りに、10月25日のセント・ピーターズバーグの最終戦まで全15戦で争われる。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、セント・ピーターズバーグでの開幕戦から延期となり、毎年5月末に予定されていた伝統のインディアナポリス500マイルレースは8月末の開催に変更するなど大幅なスケジュール変更を強いられたインディカー。

 4月7日に新たなシーズンスケジュールを発表したインディカーは、感染のピークを迎えたとして5月7日に、6月6日のテキサス・モータースピードウェイ戦からシーズンをスタートすることを明らかにした。

 事前に発表していたスケジュールでは、開幕戦として予定されていたセント・ピーターズバーグ戦は延期未定となっていたが、10月25日に最終戦として開催することを決定した。

 これにより、アイオワとラグナセカのダブルヘッダー、インディアナポリス・モータースピードウェイでの2回のロードコース戦を含む全15戦で2020年シーズンは争われる。

「セント・ピーターズバーグのストリートは、インディカー・コミュニティ全体が愛する会場と待ちであり、最終戦にふさわしく、アクション満載のレースを作り上げるだろう」

「新しい日程を見つけるため協力してくれた、クリズマン市長、グリーン・サボリー、ファイアストンに感謝の意を表したい。素晴らしい週末になるだろうし、我々のドライバーは、セント・ピーターズバーグでのレースデーを待っているだろう」とペンスキーエンターテインメントコーポレーション兼インディカーCEOのマーク・マイルズはコメント。

 ここ数年、シーズンの開幕戦を務めてきたセント・ピーターズバーグでのストリートレース。シリーズの最終戦になるのは初めてのことだ。

「セント・ピーターズバーグ市は、10月にインディカーファン、ドライバー、チーム、スポンサーを歓迎する準備ができている。このレースを信じて、住民の期待に応えてくれたグリーン・サボリー・レーシング・プロモーターズに感謝している。またレースは公衆衛生を最優先する方法で行われるち確信しているよ」と市長のリック・クリズマンは語っている。

 北米モータースポーツは、NASCARが5月17日にダーリントンで再開を予定。6月6日のインディカー開幕戦となるテキサス戦は、新型コロナウィルス感染防止のため2時間のプラクティス、予選、通常の248周から200周に短縮された決勝が1日で行われるスケジュールで、無観客で行われる予定だ。