アイヌ民族文様のマスクが人気

魔よけ願い、菅氏も会見で着用

©一般社団法人共同通信社

アイヌ文様の刺しゅうが入った布マスクを着用して記者会見する菅官房長官=7日、首相官邸

 北海道登別市の刺しゅうサークル「登別アシリの会」が作るアイヌ民族の文様を施したマスクが人気だ。文様には魔よけの意味があり、今月7日に菅義偉官房長官が記者会見で着用して話題になった。芳賀美津枝代表は「こういったことでアイヌ文化を発信できれば」と期待する。

 「まさか報道関係者の前で着けるとは」。菅官房長官に自作のマスクを送った芳賀代表は、記者会見で着用したというニュースを知って驚いた。それ以来、芳賀代表の携帯電話に全国から注文の電話がかかってくる。注文数はおよそ500枚。新規申し込みは1カ月待ちになるという。

 1枚850円。表が木綿、裏がさらしでできている。