「バイオハザード レジスタンス」新たなマスターマインド“ニコライ・ジノビエフ”が追加!

©株式会社イクセル

カプコンは、非対称対戦サバイバルホラー「バイオハザード レジスタンス」において、本日5月15日に新たなマスターマインド「ニコライ・ジノビエフ」を追加した。

ニコライは銃器の扱いや索敵に長けたスキルを持ち、さらにキャンペーンでプレイヤーを苦しめたネメシスを専用B.O.W.として使用することができるなど、イメージを反映した性能を持っている。また本アップデートでは、各種スキンやジャスチャーの追加などさまざまな調整が実施。詳細は公式サイトをチェックだ。

■新マスターマインド“ニコライ・ジノビエフ”本日参戦!

旧ソビエト連邦の特殊部隊スペツナズに所属していたニコライ。歴戦の傭兵だ。

性能:銃器/追跡
ニコライ・ジノビエフは多額の報酬と引き換えに今回の実験に協力することになった。傭兵として鍛え上げられた、獲物を追い詰める嗅覚と多彩な射撃技術は、サバイバー達を苦しめるための恐るべき凶器となる。その攻めを仮に逃れたとしても、次に来るのは追跡者「ネメシス」。サバイバー達に逃げ場はない。

アンブレラ社の新型試作B.O.W.。キャンペーンでの手強さ同様にサバイバーを追いつめる。

B.O.W.:ネメシス

ネメシスをスレイブ化して、サバイバーを追い詰める。

・無慈悲(Skill-A):サバイバーがターゲット化、または倒されるとネメシスの基礎クールダウン時間が短縮する。(重複可)
・追跡者(Skill-B):ネメシスをスレイブ化している間、全てのサバイバーを自動でターゲット化し、「加速」の基礎クールダウン時間が短縮する。

捕食者(Passive Skill 1)

ニコライの追跡技術を前にすれば、いかなるサバイバーも逃れることはできない。

・追跡弾(Skill-A):銃器による攻撃を受けたサバイバーをターゲット化できるようになる。
・血痕(Skill-B):体力が70%未満のサバイバーを自動でターゲット化する。

銃器スペシャリスト(Passive Skill 2)

ニコライは傭兵としての経歴から銃器を効率よく利用できる。

・銃器強化(Skill-A):銃器系カードのコストが1低下する。
・マガジン拡張(Skill-B):銃器の弾薬数と使用可能時間が増加する。

ニコライの選択画面。専用B.O.W.のネメシスが表示されている。
ネメシスをスレイブ化して使用する。
キャンペーン同様、サバイバーの追跡を得手としている。
ネメシスと対峙するタイローン。
サバイバーにジルが参戦していればキャンペーンを思わせるシチュエーションも。

(C)CAPCOM CO., LTD. 1999, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.