伊藤健太郎「全国2位になった」全国模試で驚異の成績を収めるも…驚愕の解き方に、先生も思わず…

©株式会社ジーンステイト

画像:時事通信フォト

5月12日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系列)。

今回ゲストに登場した俳優・伊藤健太郎さんが、驚くべき方法で過去に全国模試2位をとった、と話題になりました。

伊藤さんは、どんな方法を使ったのでしょうか。

伊藤健太郎、全国模試で全国2位!「カンニングしただろ?」と先生に疑われた過去…

5月12日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系列)。

今回ゲストとしてVTR出演した、俳優の伊藤健太郎さん。

伊藤さんは、今年7月公開予定の映画「今日から俺は!!」で、ヤンキー高校生である主人公を演じています。

同番組で、伊藤さんは自身の中学時代の思い出について語りました。

伊藤さんは、中学時代の全国模試で「マークシートで色を塗りつぶして、魚に見えるように絵を描いて出したんですよ。そしたら全国2位になった」と、告白。

スタジオの一同は、伊藤さんのまぐれで好成績を残したことに驚愕した様子でした。

この事実に対して、伊藤さんは先生から「おまえ、どうした?カンニングしただろ?」と疑いをかけられたとのこと。

これを見た番組視聴者からは、

「伊藤くん、強運の持ち主すぎ」

「そんな話って実在するんだ笑」

と、伊藤さんの運の良さを、言及するコメントが多く寄せられました。

マークシートによるまぐれ当たりの確率は?人生が変わった人も…

マークシートで魚の絵で塗りつぶすことで、伊藤健太郎さんはまぐれで全国模試2位になりました。

伊藤さん以外にも、マークシートで予想外の好成績を残している人は、いるのでしょうか。

マイナビの調べによると、マークシートで自分の実力以上の結果を出せたという人は、2割程度いるとのこと。

まぐれ当たりをした人の中には、司法試験を力試しで受験したら合格でき、人生が変わったという人がいます。

また、記念受験で受けた大学に受かってしまい、自分も含め家族や友達の誰からも受からないと思われていたので、驚かれたという方も。

このように、マークシートでは、わからない問題でも、まぐれあたりをする可能性があり、予想と反して好成績を残すことも多いようです。

さらには、マークシートの問題を分析し、「断定表現=間違い」「一度否定型=正しい」「例外表現=正しい」という独自の理論を立ち上げ、ほぼ勉強をしないで、たくさんの資格を取るツワモノが存在するほど。

まさに「運も実力のうち」ということを体現し、マークシートで運を掴み、人生を変えた人も多いようです。

マークシートでまぐれ当たりで、全国2位の成績を残した伊藤さん。

今、芸能界で伊藤さんが人気上昇中であるのは、強運の持ち主だからかもしれません。

(文:M.K)