フェラーリF1代表、インディカー参戦を検討中と認める。予算制限に伴うレース部門見直しが必須に

©株式会社サンズ

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームとして早ければ2022年からのインディカー・シリーズ参入を検討していると明かした。現在F1活動に従事する人的資源のうち、余剰となる人員を再配置するためだという。

 2021年シーズンに導入されるバジェットキャップ制度では、予算の上限が1億4500万ドル(約155億5400万円)に固定される。これにより、フェラーリではレース活動に従事するスタッフの一部が余剰となるため、レース部門の構造見直しが求められる。

 痛みを伴い、かつ追加費用も生じる一時解雇を避けるため、フェラーリは現在いるエンジニアたちを別カテゴリーのレースに振り向けるための調査を行っている。

 フェラーリが検討しているカテゴリーのひとつがWEC世界耐久選手権だが、ビノットはチームが関心を寄せる別のレースとしてインディカーを挙げた。そのため、先日フェラーリにシャシーかエンジンのマニュファクチャラーとしてのインディカー参入を勧めたマリオ・アンドレッティの話が、近い将来現実のものとなる可能性も出てきた。

「フェラーリは従業員に対する社会的な責任を負っている。彼らひとりひとりに、将来も働く場所を提供できるようにしたい」と、ビノットは『Sky Italia』に対して語った。

「そのために、我々はF1以外のプログラムへの参入について検討を開始した。インディカーはそのひとつだ。現在は我々(F1)とはかなり内容の異なるカテゴリーだが、2022年のレギュレーション改定(ハイブリッドパワートレインシステムの導入)以降は可能性があると思う」

「さらに、耐久レースや他のシリーズも(選択肢として)検討する。我々として最良の選択をするつもりだ」

 フェラーリはインディカーに関心を寄せているものの、現時点の規制であるエンジンマニュファクチャラー2社枠はホンダとシボレーで埋まり、シャシーマニュファクチャラー1社の枠もダラーラがいるために空いていない。

 したがって、フェラーリの参入に向けて、具体的にはインディカー側で大きな規則変更を行うことと、フェラーリにとってもグリッド上の全マシンの3分の1にエンジン供給ができるサプライヤーとしての強い関与が求められる。

2020年F1開幕戦オーストラリアGP フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノット