長江デルタの高速鉄道3路線、保線作業始まる

©新華社

長江デルタの高速鉄道3路線、保線作業始まる

14日、上海-杭州高速鉄道の線路上で作業を行う保守用車両。(上海=新華社記者/丁汀)

 【新華社上海5月15日】鉄道架線の中でもパンタグラフに直接触れる「トロリ線」は高速鉄道の「動脈」に当たる。中国鉄路上海局集団の上海高速鉄道保線区ではこのほど、長江デルタの上海-南京都市間鉄道、上海-杭州高速鉄道、南京-杭州高速鉄道の3線で70人余りを動員し、596キロにわたるトロリ線と架線柱1万1920本の点検・修理を開始した。すべての作業が終わるのに4カ月かかるという。

長江デルタの高速鉄道3路線、保線作業始まる

14日、上海-杭州高速鉄道の線路上の保守用車両で作業を行う保線作業員。(上海=新華社記者/丁汀)

長江デルタの高速鉄道3路線、保線作業始まる

14日、上海-杭州高速鉄道の線路で作業を行う保線作業員。(上海=新華社記者/丁汀)

長江デルタの高速鉄道3路線、保線作業始まる

14日、上海-杭州高速鉄道の線路で作業を行う保線作業員。(上海=新華社記者/丁汀)