バイデン氏、共和党地盤州で勝利も トランプ氏のコロナ対応受け

©ロイター

[15日 ロイター] - 野党民主党の大統領候補指名を確実にしたバイデン前副大統領の陣営は15日、トランプ大統領の新型コロナウイルス対応が影響し、11月の米大統領選ではこれまで共和党の地盤とされてきたアリゾナ、テキサス、ジョージアなどの各州でバイデン氏が勝利する道が開かれたと語った。

バイデン陣営のディロン選対本部長は「これまでスイングステート(揺れ動く州)ではなかった州が激戦州になる」との見通しを示した。同陣営は2016年大統領選で民主党が勝利した州を死守し、トランプ氏が勝利したアイオワ、ウィスコンシン、ミシガン、オハイオ、ペンシルバニア、ノースカロライナ、フロリダの激戦州を奪取したい考え。

また、トランプ大統領の新型コロナ対応を受けて、郊外の有権者に加え、大卒や女性の有権者からの民主党への支持が高まっているとも指摘した。

トランプ陣営のマートー報道官は「米国民はトランプ大統領が新型コロナとの戦いで米国を率いていることを理解している」と強調。バイデン氏については「非生産的な批判をぶつけているだけだ」と批判した。

ロイター/イプソスの世論調査によると、米国で新型コロナ感染による死者が増える中、ここ1カ月でトランプ大統領への批判的な見方が強まり、トランプ大統領の支持率は38%に低下。バイデン氏の支持率は46%だった。