「社会的距離」楽しく紹介

ビートルズ、クロマグロ

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染防止のため人との間に取るべき距離を、アルバム「アビイ・ロード」で横断歩道を渡るビートルズと表現するイラスト(NOSIGNER提供)

 横断歩道を渡るビートルズ、クロマグロ1匹、自転車1台―。新型コロナウイルス感染防止のため人との間に取る「ソーシャル・ディスタンシング」(社会的距離の確保)を、同じサイズの物で例えるユニークな紹介方法が広がっている。緊急事態宣言が解除された地域でも距離を保つことは求められており、関係者は「制約も楽しいものに」と呼び掛けている。

 新型コロナ対策をまとめた情報サイト「PANDAID」は、保つべき約2メートルの間隔を独自のイラストで紹介。運営するデザイン事務所NOSIGNER(横浜市)によると、認知度が高く意外性がある題材を採用した。