2020年F1カレンダー予想:イギリスGPとベルギーGPにゴーサイン。7月から19戦を開催か

©株式会社サンズ

 シルバーストンとF1が7月から8月に無観客で2回のグランプリを開催することで合意したことが分かった。開催が危ぶまれていたベルギーGPも政府から実施の許可を得て、本格的にF1側との交渉を進めていくという。

 新型コロナウイルス感染拡大によりF1の序盤10戦は延期あるいは中止になり、F1は2020年カレンダー改訂版の作成に取り組んでいる。すでに、7月初旬のオーストリアでの2戦でシーズンをスタートすることが目標であることは明らかになっている。

 その次にイギリスでも無観客で2連戦を行うべく、シルバーストンとリバティ・メディアは交渉を行ってきた。金銭的な条件について交渉が難航しているともいわれたが、ようやく基本的な合意がなされ、7月26日と8月2日の開催に向けて動き出したと、シルバーストンのマネージングディレクター、スチュアート・プリングルがコメントしている。

「シルバーストンと選手権にとって、素晴らしいニュースだ。もちろん、政府の承認が必要であり、国内の状況が無観客でスポーツを開催することが可能でなければならない。その点は強調しておきたい」

 オーストリアで7月5日と12日に開催する見通しとなっているため、イギリスでのレースは本来予定されていた7月19日ではなく、1週あけて7月26日と8月2日に実施する計画だ。

 一方、ベルギー政府が8月末まで大規模イベントを禁止したことにより開催が危ぶまれていたベルギーGPが、政府から無観客開催の許可を得たことも分かった。ベルギーの放送局RTBFによると、政府が8月30日のグランプリを無観客で実施することを許可したため、ベルギーGPのオーガナイザーが、金銭的な条件などについてリバティ・メディアとの交渉を進めることが可能になったという。

2019年F1ベルギーGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 今週、FIA-F2とF3の2020年暫定カレンダーがチームに伝えられたことが分かった。F1のサポートレースの日程を考慮した上でF1のカレンダーを推測すると、以下のようになる。

■2020年F1暫定カレンダー予想

Round 日程 グランプリ

1 7月5日 オーストリアGP 1(F2、F3開催)

2 7月12日 オーストリアGP 2(F2、F3開催)

3 7月26日 イギリスGP 1(またはドイツGP 1)(F2、F3開催)

4 8月2日 イギリスGP 2(またはドイツGP 2)(F2、F3開催)

5 8月9日 ハンガリーGP(F2、F3開催)

6 8月23日 スペインGP(F2、F3開催)

7 8月30日 ベルギーGP(F2、F3開催)

8 9月6日 イタリアGP(F2、F3開催)

9 9月20日 アゼルバイジャンGP(F2、F3開催)

10 9月27日 ロシアGP(F2、F3開催)

11 10月4日 中国GP

12 10月11日 日本GP

13 10月25日 アメリカGP

14 11月1日 メキシコGP

15 11月8日 ブラジルGP

16 11月22日 ベトナムGP

17 11月29日 バーレーンGP 1

18 12月6日 バーレーンGP 2(F2、F3開催)

19 12月13日 アブダビGP(F2、F3開催)

 ここにはオランダ、カナダ、シンガポールが含まれておらず、これらについては中止の可能性が高まっていると考えられている。F1は、各国のパンデミックへの対応に従って、必要な場合はプランの修正を行った後に、暫定カレンダーを発表する見込みだ。