MotoGPバーチャルレース:5月17日の第4戦はMotoEも開催。舞台はサンマリノGPの開催地ミサノ

©株式会社サンズ

 ドルナスポーツは5月17日(日)の日本時間22時から『MotoGP Virtual Race(MotoGPバーチャルレース)』の第4戦サンマリノGPをMotoGPオフィシャルウェブサイトのmotogp.comで開催。MotoGPクラスとMotoEのレースが行われ総勢20名がエントリーする。

 世界規模で新型コロナウイルスの感染が拡大していることが影響し、ロードレース世界選手権はシーズンがストップ。最短でも7月中旬までシーズンが再開しないが、ファンを楽しませようとMotoGPバーチャルレースが開催されている。

 これまでイタリアGPの開催地であるムジェロ、オーストリアGPのレッドブル・リンク、スペインGPのヘレスで3戦が行われている。前大会はMoto2クラス、Moto3クラスを含む3クラスのライダーが参加した。

 第4戦の舞台はサンマリノGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリだ。今大会はMotoGPクラスとMotoEの2レースが行われ、総勢20名のライダーが参加する。

 決勝レースの周回数は、MotoGPクラスは実際のレース距離の35%に相当する9ラップ。MotoEは50%の5ラップとなる。また、前回からMotoGPオフィシャルテレビゲームの2020年版『MotoGP20』が使用されている。

 このレースはmotogp.comesport.motogp.com、MotoGPとMotoGP EスポーツのYouTubeチャンネルTwitterInstagramFacebookといったSNSで配信される。そしてレース後の日本時間23時30分からInstagramのライブ配信で、勝者によるバーチャルプレスカンファレンスも行われる予定だ。

 配信終了後にもオンデマンドによるフルレースとハイライトをmotogp.comとesport.motogp.comで視聴することができる。

 第4戦サンマリノGPにエントリーしているライダーは以下の通りだ。

■MotoGPクラス
マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・チーム)
バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)
ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)
中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
ティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)
ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)

■MotoE
マッテオ・フェラーリ(トレンティーノ・グレシーニMotoE)
エリック・グラナド(アビンティア・エスポンソラーマ・レーシング)
マイク・ディ・メリオ(エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS)
チャビエル・シメオン(LCR Eチーム)
マティア・カサデイ(オンゲッタSIC58スクアドラコルセ)
ドミニク・エガーター(インタクトGP)
ルーカス・トゥロヴィッチ(テック3・Eレーシング)
ジョルディ・トーレス(ジョイン・コントラクト・ポンス40)
アレハンドロ・メディナ・マヨ(オープンバンク・アスパー・チーム)