コロナで結婚式場のトラブル急増

「キャンセル代高過ぎる」

©一般社団法人共同通信社

民事再生手続きの開始を申し立てた「ラビアンローゼ」表参道店=12日、東京都渋谷区

 新型コロナウイルスの感染拡大で結婚式の延期や中止が相次ぎ、各地の消費生活センターに「キャンセル、延期料金が高過ぎる」といった相談が急増している。国民生活センターによると、相談は2月から増え始め、3月は513件、4月は971件とほぼ倍増した。

 6月に結婚式を開く予定だった岡山市の会社員諸井和貴さん(29)は、4月に中止を決めた。キャンセル料50万円を請求され「高いと思ったが、プランナーの生活もある」と考え、支払ったという。

 式場側も苦慮。式場や貸衣装店を経営する「ラビアンローゼ」(浜松市)は4月、資金繰りに窮して静岡地裁に民事再生手続きの開始を申し立てた。