疑惑の『かりそめ天国』“食リポGP”に厳しい声が殺到!「出来レースじゃん」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Jesus Cervantes / Shutterstock

5月15日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、〝食リポ王〟を決める企画「食リポ-1GP」を開催。視聴者参加型の今回の企画に、ネット上では〝ある疑惑〟の声が殺到している。

この日の番組では、放送開始と同時に番組公式Twitterで投票受付をスタート。その後、今回の企画にノミネートされた過去に番組の食リポに登場した7組を、これまでの食リポ名場面ヒストリーと共に振り返りながら紹介していった。

食リポ王にノミネートされたのは、蛭子能収、『ハナコ』岡部大、狩野英孝、『ガンバレルーヤ』、『宮下草薙』草薙航基、『四千頭身』後藤拓実と実の母親、浜口京子の7組。

そして番組公式Twitterには、《#食リポ-1GP 開催中! あなたが「1番良かった」と思うリポーターに投票してください! 評価基準は「あなたの好み」 受付は今日の放送終了まで ご参加お待ちしています!》というコメントと共に、食リポ王を決める〝アンケートツイート〟が特別に設けられていた。

集計方法に不満の声が続出した食リポ王GP

そして合計3万2704票も集まった投票の結果、「四千頭身・後藤と母」が初代食レポ王に輝いた。

【結果発表】

食リポ-1GP
みなさんご参加ありがとうございました!

合計32,704票にもおよぶみなさんの投票により#初代食リポ王#四千頭身・後藤と母
決まりました!
次回の食リポ-1GPをお楽しみに!#かりそめ天国https://t.co/dpGKMixLOV

— 【公式】マツコ&有吉 かりそめ天国 (@karisome_EX) May 15, 2020

しかし今回の「食リポ-1GP」には、ある問題点が。実は番組公式Twitterに投稿されたアンケートフォームが、〝1人2回〟投票できてしまう仕様になっていたのだ。

Twitterのアンケート機能は、一つのツイートに〝4つ〟の設問しか設定ができない。そのため、ノミネートされた7組のアンケートは「岡部・草薙・ガンバレルーヤ・狩野」の4組と「浜口・蛭子・後藤」といった形で別々のツイートに分けられており、これだと各ツイートに1回ずつ投票できてしまう。

この投票方法にネット上では、

《投票のやり方悪いわ! 草薙と後藤は1つのツイートでまとめとかなきゃどっちも投票できちゃうじゃん……》
《最初の4組が激戦過ぎて、次の3組なんか絶対に後藤家に入れるしかないよね?》
《枠が別れてたら岡部or草薙と後藤に入れる人が多いよ。せめて第7世代は同じ枠にして欲しかった》
《あのアンケートの分け方見た時に、これはもう出来レースじゃんってなった》
《平等性を持たせるなら、集計に時間かかるけど「#投票する人の名前」とかにした方が良かったかもね》
《2回投票できるのはなぁ…、1人1回の投票が当然なんだけど、2回投票してる人もいるはず。となると、本当は岡部さんや草薙さんが面白いと思っていても、2回目の投票で後藤さんを入れることによって、必然的に後藤さんが1位になってしまっているのでは…と思ってしまいました》
《すごく不平等な集計方法です。このやり方で1位を決めて結果が地上波で放送されるのはダメです》

などの声が続出している。

確かにこの振り分け方だと何らかの〝意図〟があるように思えてしまう。せめて狩野と後藤の位置が変わっていれば、違う見方ができたのかもしれない。

【画像】

Jesus Cervantes / Shutterstock