MotoGP:ヤマハOBキタさんの「知らなくてもいい話」/転がるタイヤ(後編)

©株式会社サンズ

 レースで誰が勝ったか負けたかは瞬時に分かるこのご時世。でもレースの裏舞台、とりわけ技術的なことは機密性が高く、なかなか伝わってこない……。そんな二輪レースのウラ話やよもやま話を元ヤマハの『キタさん』こと北川成人さんが紹介します。なお、連載は不定期。あしからずご容赦ください。

———————————–

 2007年の日本GPはウエットレースとなり、途中からドライ仕様のマシンに乗り換えるライドスルー方式で行われた。レース中のマシン交換でバレンティーノ・ロッシ選手(ヤマハ)が混乱する一方、ケーシー・ストーナー選手(ドゥカティ)は無理せず6位でゴール。優勝したのはストーナー選手のチームメイトだったロリス・カピロッシ選手だった。このドゥカティ+ブリヂストンタイヤの勝利は、2年連続でタイトルを失ったロッシ選手にいよいよタイヤ選択の決断を迫る契機となった。

 レース後に彼の意を告げられた筆者は、急きょJSB(全日本ロードレース選手権)の最終戦が行われている鈴鹿サーキットに赴いてブリヂストンの二輪部門の責任者と面会。タイヤ供給についての可能性を打診した。その場では翌年のサポートを快諾していただいたものの、のちに先方の社内事情が絡んで白紙に戻りそうになり、すったもんだの末になんとか供給を受けることが決まった。

 やっとのことでブリヂストンを得たロッシ選手だったが、やはり2008年のシーズン当初はタイヤ特性の違いに苦しんだ。それまでミシュランタイヤで作り込まれたマシンのセットアップを大きく見直す必要に迫られたのである。とはいっても、そこは“ドクター”の異名を取るロッシ選手。物理の法則に従って忠実に荷重を掛ければ高いグリップが得られるというタイヤの特徴をつかんでからは快進撃が続いた。

 一方で、実はミシュランは荷重よりゴムの粘着力でグリップを出すタイプだったといえる。また彼らは魔法のグリップを可能にするゴムのブレンド技術だけでなく、それらをサーキットやライダーの特性に合わせて使い分け、事前に用意したタイヤが合わないと分かれば徹夜でタイヤを作って世界中のサーキットにデリバリーするという力技でライバルを圧倒していたのである。

 いわば彼らの「武器」とも言えたが、奇しくもそれを封じてしまったのはミシュラン自身であった。皮肉なことに2007年から施行されたタイヤ本数制限は、台頭著しいブリヂストンの物量作戦を封じるためにミシュランが提案した捨て身の作戦だったのだ。

■ブリヂストンの猛追に敗れたミシュラン

 2007年はのちにリーマンショックと呼ばれる金融恐慌の兆しが見えており、経費削減という観点での施策としては誠に時宜を得ていた。この提案を計画したミシュランの二輪モータースポーツ部門のボスはそれまでの功績が評価されて然るべき次のポストが用意されており、筆者の「ご栄転ですね」の言葉に彼は駐在中に覚えたと思われる流暢な日本語で「美味しい」とニヤッと笑いながら答えたのをいまでも思い出す。

 さて、2008年になってブリヂストンという武器を得たロッシ選手の復活劇は見事なもので、USGPから破竹の5連勝で年間チャンピオンに返り咲いた。しかしチャンピオンが決まった日本GPのパドックでは密かに来季の準備が進められていたのだ。それはF1ではすでに前年から始まっていたブリヂストンの1社供給体制と同じ仕組みがMotoGPにも導入されるというものだった。

 思い返せば2005年のF1インディアナポリスGPにおけるミシュラン・ユーザーの一斉リタイアは衝撃的であり、その時点でミシュランのモータースポーツ界における劣勢は明らかだった。

 F1にならって表向きは入札で決めるとアナウンスされていたが、MotoGPのワンメイクタイヤにも水面下ではプロモーターのドルナ社とブリヂストンとのあいだで何らかの合意形成がされていたとみるべきだろう。

 結局ミシュランは入札をしないままブリヂストンの1社供給に決定したのだが、そこに至るまでは支援を取り付けるためにミシュランの幹部がパドックを奔走していた。

 筆者のところにも件の栄転したボスの後継者が支援要請に訪ねて来たのだが、「私は化学畑の人間だから、ボスの指示に従ってどんな無茶な要求にも文句を言わず彼を支えて結果を出してきた。そしていよいよ私の出番だというときになって、私の昇るハシゴは彼の手によって外されていたんですよ」と涙ながらに語る彼に掛ける慰めの言葉はついに見つからずじまいだった。

 F1に続いて居場所を失ったミシュランは、その後、二輪においては耐久レースにわずかな活路を見出し開発を継続。かつてのライバル、ブリヂストンに代わってMotoGPのオフィシャルタイヤサプライヤーとして復帰するのは2016年のことで、実に7年の歳月が経過していた。

———————————–

キタさん:(きたがわしげと)さん 1953年生まれ。1976年にヤマハ発動機に入社すると、その直後から車体設計のエンジニアとしてYZR500/750開発に携わる。以来、ヤマハのレース畑を歩く。途中1999年からは先進安全自動車開発の部門へ異動するも、2003年にはレース部門に復帰。2005年以降はレースを管掌する技術開発部のトップとして、役職定年を迎える2009年までMotoGPの最前線で指揮を執った。

2011年のMotoGPの現場でジャコモ・アゴスチーニと氏と会話する北川成人さん(当時はYMRの社長)。左は現在もYMRのマネージング・ダイレクターを務めるリン・ジャービス氏。

※YMR(Yamaha Motor Racing)はMotoGPのレース運営を行うイタリアの現地法人。