マセラティの新型スポーツカー MC20プロトタイプ公開第2弾|偉大なスターリング・モスを偲んで

©オートックワン株式会社

マセラティ MC20プロトタイプ

マセラティがMC20プロトタイプを公開

マセラティ MC20プロトタイプ

現代アートとのコラボに続く第2弾

今回公開されたMC20のボディには、世界のモータースポーツ史に名を残す偉大な人物の一人であり、マセラティのレース史の中で最も輝かしい歴史を刻んだ一人であるスターリング・モス卿へのオマージュとしてその"サイン"が記されている。

MC20は、マセラティが2010年にMC12でGT1世界選手権を制して以来のレース界へのカムバックとなり、また同社が設計・開発・生産まで行う新しいエンジンを初めて採用するマシンである。

レース界で活躍したマセラティ

マセラティ MC20プロトタイプ

エルドラドと250F

エルドラドは、1958年のモンツァでデビューしたシングルシーターのレーシングカーで、MC20のプロトタイプはこのモデルをデザインモチーフとしている。

また250Fは1956年のF1モナコグランプリでスターリング・モスがポールトゥウィンで勝利を収めたモデルだ。

スターリング・モスとマセラティ

モスはF1ワールドチャンピオンシップにおいて66のグランプリに参戦、16勝を挙げ、4度の2位、3度の3位と世界王者に最も近いながらもタイトル獲得が叶わず、「無冠の帝王」と呼ばれた。

1956年シーズンおよび1957年のいくつかのレースでは、後年に”お気に入りのマシン”として語っているマセラティ 250Fを駆り、ファン・マヌエル・ファンジオだけに敗れている。

そしてそのファンジオは250Fで1957年の世界タイトルを獲得しており、マセラティのマシンの信頼性と優位性が示された結果となった。