コロナ感染のハウ氏が退院

アスレチックス元監督

©一般社団法人共同通信社

 米大リーグ、アスレチックスなどで監督を務めた73歳のアート・ハウ氏が17日、新型コロナウイルス感染のため入院していたヒューストン市内の病院を退院した。スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

 ハウ氏は集中治療室(ICU)に入っていた。「この5日くらいは長かった。やっと少し良くなった。自宅に戻れるのはうれしい」などと語った。(共同)