「民間河長」、黄河保護に貢献 甘粛省蘭州市

©新華社

「民間河長」、黄河保護に貢献 甘粛省蘭州市

  

 【新華社蘭州5月18日】中国第2の大河、黄河が市内を貫く甘粛省蘭州市には、「河長」(河川の管理や保護活動を行う責任者)と呼ばれ、黄河の生態系を守る人たちがいる。彼らは川岸の掃除、水資源の保護に関する知識の普及、川のパトロールなど実際の行動を通じて、「母なる川」の環境保護という責務を果たしている。黄河の生態系をより確実に守り、全市民による河川環境保護の新たなモデルを模索するため、同市城関区は河長の職務執行力の強化を図るとともに、社会的な監督制度を導入、このほど川をパトロールする「民間河長」98人を募集した。同区の「民間河長」は2019年以降、計156件の問題を発見しており、今ではそのすべてが改善されたという。(記者/馬莎)

 

「民間河長」、黄河保護に貢献 甘粛省蘭州市