コロナ影響の飲食店 CFで支援 岡山会議所 返礼に特典付き食事券

©株式会社山陽新聞社

岡山商工会議所

 岡山商工会議所(岡山市北区厚生町)は18日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた飲食店を応援するため、事業継続に必要な資金をインターネットで募るクラウドファンディング(CF)を20日に始めると発表した。返礼として、特典付き食事券を各店舗が発行する。

 「みらい飯」と銘打ったプロジェクトで、和食、洋食、居酒屋など会員事業所が営む55店舗が対象。20日開設の専用サイト(https://readyfor.jp/projects/okayamamiraimeshi)で6月5日まで資金を募る。支援金は、同中旬にも各店舗の口座に振り込む。

 支援者は店舗と金額(2千~10万円の6段階)を指定。金額に10%の特典が付与され、2千円なら2200円分の飲食を楽しめる。食事券は各店舗で受け取り、7月1日~12月末に利用できる。

 同会議所は「資金を早く届けるため募集期間は短くした。ひいきの店をサポートして」と呼び掛けている。

 同プロジェクトは、日本商工会議所とCF大手・レディーフォー(東京)が企画。岡山をはじめ全国の商工会議所がそれぞれ、地域の飲食店のためにCFに乗り出している。