札幌、定額給付金申請書発送始まる 月内にも市内全世帯へ

©株式会社北海道新聞社

特別定額給付金の申請書などの印刷作業を行う恵和ビジネスの社員ら=18日午前

 札幌市内で18日、政府が国民に一律10万円を支給する特別定額給付金の申請書を印刷し、各世帯に発送する作業が始まった。作業は25日まで行われ、月内に市内全97万世帯に届く予定。

 作業は、市から委託を受けた市内の情報処理サービス業、恵和ビジネス(渡辺淳也社長)が同社白石事業所(白石区)で行っている。専用の印刷機で、世帯主の住所や世帯全員の氏名、生年月日などが印字された申請書を作成。申請書と返送用封筒などを封筒に入れた。初日は15万世帯分を作り、札幌中央郵便局(東区)へ発送した。