北海道の天気 5/19(火) 広く寒い一日 原因は“海水温”と“東風”

©北海道文化放送株式会社

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆きょうは寒い一日

日本海側を除いて、この時期としては寒い一日になりそうです。

その理由は風向きと海水温です。

きょうは全道的に東風が吹きますが、現在のオホーツク海の海水温は5℃以下、道東沖の太平洋でも7℃くらいしかなく、冷え切った風が吹きそうです。

また、道南はくもって日差しがない分、気温が上がらない見込みです。

◆予想最高気温

道央や上川・留萌地方は15℃以上で過ごしやすいでしょう。

一方で稚内から根室のオホーツク海沿岸はひとケタどまり。

太平洋側も10℃ちょっとで4月並みの寒さの予想です。

道南は風も強く、体感はこの気温よりも寒く感じられそうです。

◆このあとの天気

道南はくもりで、夜遅くに雨が降り出すでしょう。

札幌は夕方にかけて晴れそうです。

道北は良く晴れるので、あすの朝は遅霜に注意してください。

太平洋側は、きょういっぱいは天気の崩れはなさそうです。

◆週間予報

この先、水曜日・木曜日とまずまずの晴れとなるでしょう。

金曜日から雲が増えてきますが、気温は上がる見込みです。