DJIのドローンがアメリカから締め出される?(特許訴訟で)

©ティー・クリエイション株式会社

過去に、Appleのような企業が特許侵害訴訟に直面したことがありましたが、自社に不利な判決が出た場合、デバイスの販売を中止し、輸入しないよう求められることになります。DJIもアメリカで同じような状況に直面しているようです。

今回の件を簡潔に説明すると、DJIはAutel Robotics USA(中国企業の米国子会社)から、ドローンに関する特許を侵害したとして訴えられています。その後、ITC(米国国際貿易委員会)の判事はAutelに有利な判決を下し、同判事はDJI製ドローンの米国での販売や輸入を中止するよう勧告しました。

Appleのような以前の類似のケースでは、かなり古い製品が含まれていましたが、DJIのケースでは、「Mavic Pro」 「Mavic Pro Platinum」 「Mavic 2 Pro」 「Mavic 2 Zoom」 「Mavic Air」 「Spark」といった比較的最近の製品が含まれます。Autelはその後、PhantomやInspireシリーズなど他のDJIドローンの販売停止を求める嘆願書を提出しました。

判決には60日間の審査プロセスがありますが、何の問題もなく判決が支持されれば、訴訟で名指しされたドローンは今年7月に米国での販売を中止する可能性があります。支持されるかどうかは不明ですが、もしそのようなことがあれば、DJIにとってかなり大きな問題になるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら