アウトドアや屋外DIYでも活躍! ポータブル電源、選び方のポイントは用途に合わせた出力端子!

©オートックワン株式会社

リモートワークのイメージ

用途で選ぼう! ポイントは出力端子

ポータブル電源を選ぶとき、ポイントの一つとなるのが出力端子です。種類は主に3つあり、一般的なACコンセントと、USB、そしてシガーソケットです。

たとえば車中泊では、ACコンセントが2口以上あれば電気ポットや小型ヒーターなど小型家電を複数同時に使うことができます。

また車でリモートワークをするなど、スマホやPCなどのモバイル製品を使うならUSBポートが多い方がおすすめ。そして、車載用の電気毛布などカー用品を多く持っている方には、シガーソケットポートがあると重宝しますよ。

3WAY電源で、屋外DIYにも便利なポータブル電源

ハイパワー設計で様々な電化製品に対応

こちらの商品はACコンセント×2、USB×3、シガーソケット×1の3WAYポートを備えており、500Wの高出力で小型炊飯器(360W)や電気工具(400W)を動かすこともできます。安心の日本製で、価格は71280円。

操作は簡単3ステップで、本体に充電したら使いたい電源ポートのボタンを押し、選んだ電源のコンセントを差し込むだけ。見やすいシンプルな液晶画面で誰でも使いやすく、日常使いから緊急用まで幅広く利用できますよ。