ドイツ・サッカー再開、混乱なし

約2カ月ぶり、日常へ一歩

©一般社団法人共同通信社

ゴール後、「肘タッチ」で喜ぶドルトムントの選手=ドルトムント(AP=共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1、2部リーグは16~18日に新型コロナウイルス感染拡大による中断から約2カ月ぶりに再開し、週末にプロスポーツがある「日常」へ向けた一歩を踏み出した。51ページに及ぶコロナ対策の指針に沿って無観客試合の準備や運営がなされ、大きな混乱はなかった。

 長谷部誠らが所属するアイントラハト・フランクフルトで強化責任者を務めるボビッチ氏は「歴史的な日だ」と言った。ピッチで一つのボールを追いかけ、激しく体をぶつけ合う光景は以前と同じ。得点後に選手同士が「肘タッチ」で喜びを共有するなど、コロナ克服を目指す時代ならではの振る舞いがみられた。