JR静岡駅に今川義元像

生誕500年に合わせ

©一般社団法人共同通信社

「竹千代君像」(左)と並んで設置された今川義元の銅像=19日午後、JR静岡駅前

 静岡ゆかりの戦国武将今川義元の銅像が完成し、JR静岡駅前で19日、除幕式が行われた。昨年に義元の生誕500年を迎えたことから、銅像設置が企画された。旧暦の5月19日は義元が桶狭間の戦いで織田信長に敗れ落命した命日に当たる。

 義元は駿府(現在の静岡市)を拠点に東海地方に勢力を広げ、金山開発や交通網整備に手腕を発揮した。「桶狭間で敗れた公家かぶれの武将」というイメージを払拭し、静岡の礎を築いた功績を広めようと静岡市や商工会議所が「生誕500年祭」を企画。

 銅像は台座を含め約2メートル。静岡県西伊豆町出身の彫刻家堤直美氏が約2年かけて甲冑姿の銅像を完成させた。