西武の森「急ピッチでつくる」

6月後半開幕目指し

©一般社団法人共同通信社

打撃練習する西武の森=メットライフドーム(球団提供)

 西武の森友哉捕手が19日、メットライフドームでの練習後にオンラインで取材に応じ、6月後半を目標としている開幕に向けて「なるべく急ピッチでつくらないといけない」と意欲的に語った。

 自主練習を続けていたが、18日に首脳陣も参加した練習が再開された。スタッフも参加できるようになったことで、これまでのマシン相手ではなく打撃投手の球を打てるようになった。今後の課題を「人が投げた球を打つ感覚を取り戻すこと。タイミングの取り方やアジャストの仕方がマシンとは違うので」と挙げた。