志尊淳“&RED”~「赤」といえばやっぱり、トッキュウ1号の赤です!~

©株式会社東京ニュース通信社

志尊淳“&RED”~「赤」といえばやっぱり、トッキュウ1号の赤です!~

今回のテーマは「&RED」ということで、鮮やかな赤をバックに撮影した写真とともに、「赤」を聞いてイメージするものについて語っていただきました!

やはり「RED=赤」で思いつくのは「トッキュウ1号の赤です」と志尊さん。ファンの皆さんの中にも、そう思った方はいたのではないでしょうか。まだあどけない10代の頃の志尊さんの熱い演技が懐かしいですね! 志尊さんも「赤」と言われるとあの頃の熱い気持ちを思い出すそうです。

その影響もあってか、志尊さんのクローゼットには赤い洋服がとても多いようです。ある時期は、赤のタートルネックにさらに赤のセットアップを着こなしていたこともあったのだとか。スラッと長身の志尊さんが全身真っ赤だったら…それはそれは目立つことでしょう。その姿を偶然見かけてみたかったです。

ばっちり赤を着こなしている志尊さんですが、似合っているから着ているというよりも、元気になれるから着ているという部分が大きいのだとか。「皆さんも“似合わないかも?”なんて思わずに、赤い服を着てみてほしい」と志尊さん。その言葉を聞いて、うっかり赤い服を着てみようかな…?なんて思ってしまいました。

セルフプロデュースしているイベント「SSJ」のロゴも赤で、タオルやキーホルダーなどのグッズも赤が多いとのこと。やはりスーパー戦隊シリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」での貴重な経験が今の志尊さんのベースになっているのかも? 25歳を迎え、最近、撮影などではシックな大人の着こなしが多い志尊さんですが、全身赤の大人なスタイルも見てみたいですね。

撮影では、鮮やかな赤の背景にも負けない志尊さんの圧倒的な存在感が印象的でした。次回は「青」編。「赤」編とはまた違った表情を見せてくれた志尊さん! メーキング映像では「赤」編、「青」編、両方の志尊さんの撮影時の雰囲気がご覧いただけますので、本誌、裏話ともにお楽しみいただけますと幸いです。

☆撮影メーキング動画を公開中☆

撮影/土山大輔(TRON) インタビュー/石本真樹
ヘア&メーク/礒野亜加梨(スタジオまむ) スタイリング/手塚陽介

【プロフィール】


志尊淳(しそん じゅん)
1995年3月5日、東京生まれ。魚座。A型。6月16日スタートのドラマ「探偵・由利麟太郎」(フジテレビ系)、放送日未定ドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK総合)に出演。10月30日公開予定の映画「さんかく窓の外側は夜」などに主演。今年公開予定の映画「2分の1の魔法」にて、主人公の日本語版声優を担当。