県内地銀3行減益 20年3月期決算

©株式会社北日本新聞社

■与信費増や株売却損響く

 県内地銀(第二地銀含む)の2020年3月期決算は、新型コロナウイルスの影響を受けた与信コスト増や相場急落に伴う株式の売却損などが響き、いずれも減益となった。コロナ禍で取引先の経営環境は厳しさを増しており、与信コスト増などを見込む3行は21年3月期も減益を予想。先行きが見えない中、資金需要に応える一方で企業業績悪化のリスクに備える。 (池亀慶輔)

 北陸銀行は減収減益、富山第一銀行と富山銀行が増収減益だった。北銀は、一般貸倒引当金繰入額や不良債権処理額を合わせた与信費用が前年比64億円増えて利益を押し下げた。21年3月期は70億円の与信費用を見積もる。

 富山第一銀と富山銀に共通した減益要因は、3月の株価暴落時に保有する株式を売却した損失だ。株式などの売却損は富山第一銀が51億円、富山銀が30億円をそれぞれ計上。富山銀は新本店の完成による経費増も響いた。

 本業のもうけを示すコア業務純益は富山第一銀が増益だった。近年保有を増やしてきた米国債の利回り上昇で有価証券利息配当金が増加した。貸し出しなど資金を運用して得た収益から、預金利息など資金の調達費用を差し引いた資金利益が3億円増えたことが寄与した。

 投資信託や保険販売などの手数料収入から費用を差し引いた役務取引等利益は、北銀がコンサルティング関連手数料が好調で6億円増やした。一方、富山第一銀と富山銀は、ほぼ横ばいだった。超低金利が長引く中、貸出金利回りは3行とも低下。北銀が0.06ポイント、富山第一銀が0.03ポイント、富山銀が0.07ポイント縮小した。

 コロナ禍による売上高の急減を受けて資金繰り支援へのニーズが高まっていることを受け、3行はコロナ関連融資に力を入れている。北銀は今月15日時点で6276件の2662億円のうち、1826件の898億円を実行した。富山第一銀と富山銀は13日までの実行額が、それぞれ約650件の約170億円、164件の62億円に達した。

 3行は、今月始まった実質無利子・無担保の制度融資も活用して取引先の資金繰り支援を強化する。コロナ危機が県内の中小企業に大きなダメージを与える中、資金供給や経営相談を通じて企業を支える地域金融機関の役割が一層重要性を増している。