スペイン人2人 万引容疑で逮捕 コロナで帰国できず 金に困る

©株式会社沖縄タイムス社

パトカー(資料写真)

 沖縄県警沖縄署は19日、スーパーでステーキ肉など2千円余りの食材を万引したとして、スペイン国籍の自称住所不定無職の男(30)と女(22)を窃盗(万引)の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

 県警によると、2人はカップルとみられ3月末に旅行で来県したが、新型コロナウイルスの影響で帰国便がなくなり金に困っていたという。

 逮捕容疑は18日午後7時半ごろ、沖縄市内のスーパーでステーキ肉、チューハイ、カニカマなど5点(2284円)を万引した疑い。店舗関係者が目撃し現行犯逮捕した。