リチウムイオン電池等使用製品による発火事故が多発しています!

©株式会社VOTE FOR

ご家庭で、使用されています家電製品の中には、リチウムイオン電池等が使われている製品も多くあります。
近年、環境クリーンセンター(不燃ごみ処理施設)では処理ができないリチウムイオン電池等(小型充電式電池)を使用した製品などが原因とみられる発火事故が多発しています。
環境クリーンセンターで火災が発生した場合、他の不燃ごみの処理も停止し、ごみ収集が出来なくなる恐れがありますので、絶対に小型破砕ごみやプラスチックごみなどで出さないようにお願いします。
廃棄される場合は、JBRCの協力店への処理をお願いします。
※協力店は(一社)JBRCのホームページから検索できます。
【HP】https://www.jbrc.com/

≪小型充電式電池≫
リチウムイオン電池、ニカド電池、ニッケル水素電池、小型制御弁式鉛蓄電池があり、それぞれの電池にはリサイクルマークが表示されています。
※各リサイクルマークについては、広報紙をご覧ください。

(代表例)
※代表例の写真については、広報紙をご覧ください。

≪対象外≫
乾電池、ボタン電池