遠隔授業、みんな集まれ 熊本県合志市の企業が無料開設 全国の現役教師ら解説

©株式会社熊本日日新聞社

「SCHOOM」で全国各地の受講者と一緒にオンライン授業を受ける小学生=熊本市中央区

 学びたい子ども、教えたい先生集まれ-。熊本県合志市のIT経営コンサルタント会社が、休校中の子ども向けに無料のオンライン学習の場を開設した。全国の小中高校の現役教師らが講師を務めており、「広がるオンライン授業の指導法を取得する場として、県内の先生にも参加してほしい」と呼び掛けている。

 学習の場は「SCHOO[スクーム]M~子どもたちと学ぶ場」。「CLOUD-IA」代表の松岡祥仁[よしひと]さん(51)が、「休校で子どもたちに広がる学習格差を埋めたい」と開設。東京や愛媛、大分の教育ICT(情報通信技術)事業者や電子黒板メーカーなどが協力した。

 授業は3日にスタート。ビデオ会議アプリ「Zoom」を利用して英語や道徳、国語など1日3コマほど開講している。受講は小学1年生以上が対象。講師も募集しており、ボランティアが条件。

 いずれも参加希望者はインターネット環境のほか、カメラとマイク、スピーカー付きのパソコンやスマートフォン、タブレット端末が必要。営利目的など事務局が不適切と判断した授業は開講できない。詳細や申し込みは「SCHOOM」ブログhttps://note.com/learningforkids(西山美香)