『ロンドンハーツ』のドッキリで感動の涙「本当にかわいそう」「号泣した」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

5月19日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、ドッキリを仕掛けた芸人がネタばらし後に涙を見せたとして話題に。「かわいそうだ」とターゲットを気遣う声も出ている。

前週12日の放送から2週にわたりお笑いトリオ『パンサー』の尾形貴弘をターゲットにしたドッキリを敢行。『ロンドンブーツ1号2号』田村淳、『アンタッチャブル』山崎弘也が見守った。仕掛け人の相方、菅良太郎、向井慧が「パンサーを4人組にしたい」と提案。新入りメンバー「モッくん」を紹介するという企画だ。

尾形は当初、4人で活動することに不快感を示したが、ネタ合わせを進めるうちにモッくんの面白さを見出した様子。尾形は「一緒に頑張ろうと思ってるから」などとモッくんを励ましていく。そして尾形はモッくんと絆を深め、すっかり4人で活動することに乗り気になっていた。

『パンサー』尾形がネタばらし後に狼狽

番組終盤、モッくんを除く仕掛け人の4人が謝罪する形で尾形にネタばらし。当初の予定を切り替え、1日早く打ち明けることにした。

4人は尾形にそろって頭を下げたが、やる気満々の尾形の姿を目にしていた田村、山崎は反省した表情。菅、向井はともに目が潤んでいるようにも見えた。

モッくんとの組み合わせに手応えを感じていた尾形は「もう、4人でやろう!一致団結してますし!やらせてください!」と土下座しながら田村に懇願。この日不在のモッくんが『パンサー』入りを希望していないと知ると「モッくんなしでやっていけると思います?」となおも訴えかけた。

何度も炎上騒ぎを起こしている同番組だが、この日は視聴者から「感動した」との声が出たほか、ここ数回のドッキリで「クズ過ぎる」と批判されていた尾形を逆に気遣う声も出た。

《これは本当に尾形かわいそうだったな今回ばかりは》
《向井と菅の涙目にやられた》
《ロンハーのパンサー四人目ドッキリですら尾形の気持ちになって号泣してしまった…》
《ロンハーで初めて感動しすぎて号泣した》
《こうなったら番組として一度、4人でネタをやらせてやってほしいなと思う》
《これだから尾形は嫌いになれないんだよな》

『ロンハー』にしては珍しく感涙モノのエンディングとなった。