シネマサンシャイン、一部劇場の営業を再開へ

©株式会社シネマトゥデイ

シネマサンシャインエミフルMASAKI

シネマサンシャインは新型コロナウイルスに対する緊急事態措置において、映画館が休業要請の対象に含まれていない地域の劇場を順次営業再開することが明らかになった。

【写真】新型コロナウイルスの影響で、再注目の映画

シネマサンシャイン沼津(静岡県)、シネマサンシャイン下関(山口県)は13日より、シネマサンシャインららぽーと沼津(静岡県)、シネマサンシャイン大街道(愛媛県)、シネマサンシャイン衣山(愛媛県)、シネマサンシャイン重信(愛媛県)、シネマサンシャインエミフルMASAKI(愛媛県)、シネマサンシャイン北島(徳島県)、シネマサンシャイン姶良(鹿児島県)は15日より営業を再開する。

同劇場では、原則1席ずつ間隔をあけてチケットを販売するほか、館内に設置したアルコールスプレーでの手指の消毒やマスク着用(着用していない場合は入場不可)を呼び掛けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行う。(編集部・中山雄一朗)