6歳次女をゴミ箱へ、全治2週間 児相から通報 傷害容疑で両親逮捕 神奈川県警

©株式会社神奈川新聞社

 6歳の次女をゴミ箱に入れるなどの暴行を加えて軽傷を負わせたとして、神奈川県警が傷害の疑いで、海老名市に住む40代の父親と20代の母親を逮捕したことが20日、捜査関係者への取材でわかった。

 逮捕容疑は、2人は、3月10日夜、市内の自宅アパート居室内で、次女(当時5歳)をゴミ箱に入れるなどした上、ペットボトルで数十回叩いた、としている。父親は「そこまで叩いてはいない」、母親は「ゴミ箱には入れたが、叩いてはいない」などと供述し、一部否認しているという。女児は頭部などを打撲する全治2週間の軽傷を負った。

 事件は、3月13日に厚木児童相談所から海老名署に「虐待を受けている女児がいる」と通報があり、発覚。県警が捜査していた。