カープ「マツダスタジアムを見に行こう(練習見学)」企画、明日21日から3日間、組数限定で一般招待

©テレビ新広島

TSSテレビ新広島

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取り組みが続く中、カープはファンに気分転換してもらおうと一軍が練習を行うあすから3日間、マツダスタジアムの観客席など一部を一般開放すると発表しました。
これは、広島県が多くの施設で休業要請を解除したことを受け、カープ球団などが企画したもので、一軍が練習を行うあすから3日間マツダスタジアムのコンコースと観客席の一部を一般開放します。
実施にあたっては、体温測定やマスクの着用など感染防止に注意を払うとしています。応募は県内に住んでいることなどが条件で、1日に最大で125組・500人を招待することにしています。
なおプロ野球の開幕日程については、現在も協議が続けられていて、これまでに来月中旬から下旬の開幕を目指す方針が確認されています。