新潟市民病院に感謝の思い 向かいの東京学館高 青い光で体育館彩る

©株式会社新潟日報社

 新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている新潟市民病院の近くに立つ東京学館新潟高校(新潟市中央区)が、感謝の思いを伝えようとライトアップを行っている。体育館の窓にフィルムを張り、電灯の明かりで青い光を演出している=写真=。

 生徒会長の宮川大和さん(18)がニュースで青い明かりの取り組みを知り、学校に提案した。6月の体育祭が中止になり生徒は気落ちしていたが、「今できること」として企画した。

 明かりを見た市民病院の女性看護師(32)は「高校生の思いをしっかりと受け取り、患者とともに新型ウイルスに立ち向かいたい」と話した。

 ライトアップは22日までの午後7時15分~9時。

 新潟日報メディアシップ(同)でもライトセイル(光の帆布)が31日まで点灯している。