広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗ら実際の家族が坂元裕二脚本によるリモートドラマに出演!

©株式会社東京ニュース通信社

広瀬アリス・広瀬すず姉妹、永山瑛太・永山絢斗兄弟ら、実際の家族が登場する「リモートドラマ Living」がNHK総合で、5月30日と6月6日(午後11:30)に放送される。

同作は、「東京ラブストーリー」「最高の離婚」(ともにフジテレビ)、「カルテット」(TBS)などを手掛けた坂元裕二氏が脚本を務める、15分×4本のオムニバスファンタジードラマ。5月30日放送・第1夜には、広瀬姉妹、永山兄弟、6月6日放送・第2夜には、中尾明慶・仲里依紗夫婦、青木崇高・優香(声のみ)夫婦が出演。さらに、全話に小説家役で阿部サダヲ、CGキャラ・ドングリの声で壇蜜が登場する。ドングリのキャラクターは、米国でも活躍するアニメーション会社「トンコハウス」が手掛けている。

物語は、阿部演じる小説家が、奇想天外な秘密を抱えた四つの家族の物語を想像する形で展開。「締め切り60分前です。急いでください!」…物語を紡ごうと頭を悩ます、小説家に声をかけたのは、なんと机の上に置いてあるドングリ! しゃべるドングリから叱咤(しった)激励を受けつつ、小説家は想像を膨らませていく。

広瀬姉妹が出演する、第1夜の第1話は、はた目には平凡な生活を送っているように見える仲良し姉妹だが、実は誰にも見せない“裏の顔”があるというストーリー。そして、永山兄弟が出演する第2話は、近未来の日本が舞台。“過去にはやった料理”を作ることを生業(なりわい)とする兄弟のもとに、ある朝、1通の手紙が届く。