「運転免許更新」来月1日に再開 混雑避ける対応も 長野県警「期限に余裕ある人は手続き先延ばしを」

©株式会社長野放送

「緊急事態宣言」の発令で業務を休止していた運転免許の更新が来月1日から再開します。

運転免許の更新に関わる手続きは、先月21日から休止されていますが、長野県警は、来月1日から全面的に再開する方針です。

再開後の混雑を避けるため、18日からは「高齢者講習を済ませた人」の手続きと、免許取得試験を再開し、25日からは「誕生日が5月までの人」の手続きも再開します。

一方、有効期限が7月末までの人については期限を3ヵ月延長して対応します。

県警は「期限に余裕のある人は手続きを先延ばしするなど混雑を避けてほしい」としています。