アウトドアやリモートワークでも大活躍! 車の缶ホルダーにおける小型高性能モバイル電源

©オートックワン株式会社

三菱 新型デリカD:5 URBAN GEAR グレード:G-Power package│ボディカラー:ウォームホワイトパール│シートカラー:ブラック本革シート│7人乗り仕様

ポータブル電源のサイズや重量は?

ポータブル電源の多くは、取っ手の付いたラジカセのような形状をしています。蓄電池ですので、やはり容量が大きいほどサイズと重さもかさみ、2kgほどのものから大きいものでは15kgを超えるものもあります。

屋外DIY程度の電気使用量なら2~3kgのもので十分ですが、車中泊くらいとなると、必要な容量を備える商品は5kg以上になってきます。たとえば車への積み下ろしやアウトドアでの持ち運びを考えると、5kg~8kg程度までが一人で運べる目安です。

使いたいシチュエーションと重量のバランスを考え、目的に合ったものを選ぶといいでしょう。

わずか585g! 軽量コンパクトなポータブル電源

車や自転車でも活躍!

こちらは、ポータブル電源とスマホなどを充電するモバイルバッテリーの中間くらいの商品で、ACコンセントとUSBポート、USB-Cポートを備えています。スマホなら9回、ノートPCを1回充電できるほどの容量を持ち、価格は14999円。本体はわずか約4時間でフル充電できます。

また、350ml缶よりもやや細いため、ほとんどの缶ホルダーに置くことができ、車内で使うのにもピッタリ!移動中にカメラや携帯を充電したり、車中泊の時には小型ファンや照明の電源としても重宝します。

ACコンセント付きといっても大きなものは動かせませんが、電気工具やデジタルカメラのバッテリーなどの充電にはぴったり。バッテリー冷却機能も付いており、発熱を抑えて長持ちしますよ。